ごあいさつ

ホーム >ごあいさつ

ごあいさつ

高齢社会に向けて、医療の形態も変化していくなかで、在宅医療の必要性は今後
益々増していくと考えられています。そのためには病院、診療所、訪問看護ステーション
地域包括支援センターなどが密に連携をとり協力しながら、地域にあった支援システム
を作りあげて行くことが重要です。
私たちの相談センター(在宅連携センターつむぎ)は、この地域の利用できる資源を
整理し、在宅に関するあらゆる相談ごとに対応できるように、努めていきます。
また相談事例を丁寧に分析し、今後に活かせるようしっかり蓄積していきます。
少しでも皆様のお力になれる様スタッフ一同頑張ります。在宅医療に関することは、
お気軽になんでもご相談ください。

                          浜松市在宅医療・介護連携相談センター長