文字サイズ変更
小さく
戻す
大きく

先輩看護師たちのメッセージ

ホーム > ご案内 > 診療科のご案内 > 看護部から > 先輩看護師たちのメッセージ

先輩看護師たちのメッセージ

  • 4月から周産期センターで助産師として働いています。新たな命の誕生に立ち会うことができ、前向きに育児を頑張る家族のサポートができ、日々幸せを感じながら働いています。初めは分からないことばかりでしたが、分かるまで丁寧に教えてくれる先輩や、「困っている事はない?」と気にかけてくれる先輩、その日にできていたことを直接伝えてくれるプリセプターの先輩のおかげで、毎日安心して看護を行うことができています。新人の研修や病棟での勉強会が充実しており、様々なことを学ぶこともできます。とても働きやすい環境だと思います。みなさん、ぜひ浜松医療センターで一緒に働きませんか。  

  • 私は1号館7階の消化器科病棟で働いています。就職して看護師としてできることが増えて喜びを感じる反面、人の命を預かる仕事に就き自分の行動や判断の責任の大きさに不安も感じています。しかし、先輩たちが忙しい業務の中でも丁寧に指導をしてくれるおかげで、私の不安が解消され、安心して患者さんに看護を提供することができます。またプリセプターの先輩は就職して何もわからない私に一つ一つ丁寧に教え、常に気を配ってくれます。仕事の一つ一つに時間がかかってしまい悩んでいた時に、「早く仕事ができることがいいことではないよ。時間がかかっても一つ一つ丁寧に行うことや、患者さんとの関わりを大切にすることが大事だよ。」とアドバイスをくれました。その言葉は自分の自信につながりました。未熟な私にもできることを認め、励ましてくれるため毎日笑顔で患者さんに接することができます。これからも先輩方に教えていただいたことを忘れず、患者さんに寄り添った看護ができるよう、日々成長していきたいです。

  • 新人看護師として入職し、毎日覚えることがたくさんあり、不安と緊張と業務に精一杯になり、悩むこともあります。自分の目指す看護師になるためには、まだまだ多くの学びが必要だと感じる毎日です。入職後、一緒に頑張っている同期の仲間や、プリセプターの先輩、いつも熱心に指導してくださる病棟の先輩方、たくさんのことを学ばせてくれる患者さんなど、多くの人と出会うことができました。一つひとつの出会いから多くのことを学ぶことができ、看護師としての成長につながっていると思います。ぜひ、浜松医療センターで一緒に働きましょう。

  • 私は救命救急センターへ配属となり、主に心疾患の患者さんを受け持っています。新しい知識や技術を覚えるのは大変で、勤務中は緊張や不安を感じながら働いていますが、分からないことがあったときは、プリセプターをはじめ、多くの先輩看護師達がフォローしてくださり、アドバイスをいただきながら頑張っています。今は、1つのことができた時の達成感が大きく、多くのことを学ぶことができるのは救命救急センターの魅力だと思っています。

    救命救急センターは、頼れる男性の先輩看護師が多いのも特徴です。働きやすい環境の中で仕事ができていると実感しています。皆さんも一緒に浜松医療センターで働きましょう。

     

男性看護師たちのメッセージ

ページの先頭へ

ご案内