文字サイズ変更
小さく
戻す
大きく

臨床検査科

ホーム > ご案内 > 診療科のご案内 > 臨床検査科

ページの先頭へ

特徴

臨床検査は、様々な測定技術を利用して、生体の形態や機能の変化をとらえようとするものです。生体そのものの変化をいろいろな機器を用いて画像や電気信号の変化などの形で可視化する生理検査と、生体から採取した血液・尿などの体液や組織の一部を解析する検体検査から成り立っています。臨床現場では、診察所見とこれらの検査結果とを総合的に判断して病気の診断、治療が行われます。臨床検査科は、これらの過程で少しでもよりよく診断、治療ができるよう診療を支援していく部門です。臨床検査技術科と協力して、当センターでよりよい診療が行われるよう各診療科を支援していきます。

医師紹介

科長 矢島 周平 (やじま しゅうへい)

資格等

臨床検査管理医

細胞治療認定管理師

略歴

1986年3月 浜松医科大学医学部卒業
1986年6月 浜松医科大学附属病院小児科
1987年6月 県西部浜松医療センター小児科
1988年6月 国立がんセンター小児科
1991年6月 浜松医科大学附属病院小児科
2000年4月 浜松医療センター

ページの先頭へ

ご案内