文字サイズ変更
小さく
戻す
大きく

リウマチ科

ホーム > ご案内 > 診療科のご案内 > リウマチ科

対象となる疾患

  • 関節リウマチ
  • 全身性エリテマトーデス
  • 多発性筋炎、皮膚筋炎
  • 強皮症
  • 血管炎症候群
  • シェーグレン症候群
  • 混合性結合織病
  • 抗リン脂質抗体症候群
  • その他、成人発症スティル病、リウマチ性多発筋痛症、ベーチェット症などの膠原病類縁疾患

外来診療担当医

外来診療担当医表はこちらです

科の特徴

 近年、関節リウマチは、血液検査や造影MRI、関節エコーなどを駆使して早期に診断し、メトトレキサートや生物学的製剤を用いて寛解に至る例もみられ、急速に進歩している分野です。
  また、膠原病の大部分は、難病といわれていますが、少しずつ副腎皮質ステロイド剤や免疫抑制剤による治療法も進歩し予後は改善してきています。

 浜松地区には関節リウマチ、膠原病を専門にされている先生方が複数開業されています。当科はそのような先生方と連携し初診の方、入院の必要な活動期や合併症を持った方などを積極的に受けいれています。総合病院であり、各科の協力をいただき、ほとんどの合併症に対応可能です。2017年4月より常勤医2人体制となり、これまで以上に診療に力を入れていくことが可能になりました。

 当科の特徴としては、膠原病領域でも特殊な治療である吸着療法、血漿交換療法などがすぐにできること、まれではありますが血液内科の協力で幹細胞移植など高度な治療も経験しています。

 県西部地域は、リウマチ専門医が少なく、特に入院が必要な症例を受け入れる施設が不足しています。当院は日本リウマチ学会の教育施設に認定されており、地域医療に貢献できるよう努めています。

ページの先頭へ

医師紹介

科長 兼 栄養管理科長  田原 大悟 (たはら だいご)

専門分野

リウマチ・膠原病一般、慢性膠原病、透析

資格等

指導医:
日本透析医学会
日本腎臓学会
日本糖尿病学会
日本内科学会
専門医:
日本内科学会
日本リウマチ学会
その他:
日本リウマチ財団登録医
浜松医科大学臨床教授

略歴

1982年3月 鹿児島大学医学部卒業

医長  取 宏昌 (たかとり ひろあき)

専門分野

リウマチ・膠原病一般、アレルギー疾患

資格等

指導医:
日本リウマチ学会
専門医:
日本内科学会
日本リウマチ学会
日本アレルギー学会
認定医:
日本内科学会


厚生労働省 臨床研修指導医
日本医師会認定産業医
千葉大学大学院医学研究院 特任講師

略歴

1997年3月 三重大学医学部卒業
1997年4月 千葉大学医学部附属病院 第2内科入局
1998年4月 国立佐倉病院
2000年4月 横浜労災病院
2001年4月 千葉大学大学院医学薬学府入学(2005年3月修了)
2005年10月 下都賀総合病院
2006年4月 米国国立衛生研究所(NIH NIAMS)
2009年5月 千葉大学医学部附属病院 アレルギー・膠原病内科
2017年4月 浜松医療センター

ページの先頭へ

ご案内