文字サイズ変更
小さく
戻す
大きく

乳腺外科

ホーム > ご案内 > 診療科のご案内 > 外科

特徴

当科における乳腺診療の取り組み

日本人女性の乳がん罹患率(乳がんにかかる率)は急激に増加しており、12人に1人が乳がんにかかると言われています。

欧米では、60歳代など高齢になるほど乳がんにかかりやすい傾向がありますが、日本では40歳代、50歳代の方に乳がんが多発しており、30歳代でかかる方も少なくありません。

乳がんは、早期に発見し治療を行えば治せる病気です。

乳がんの治療法には手術、放射線療法などの局所治療と、抗がん剤、ホルモン剤、分子標的治療薬などの全身治療があります。

私たちは、一人一人の癌の性質に応じた最適な治療方法を提供しています。

  1. 早期発見と乳房腫瘤の良悪性診断
    触診で発見不可能な、マンモグラフィのみで指摘できる病変(主に石灰化)に対して、マンモトーム生検を行い早期発見に努めています。
    また、しこりに対してはエコー下に穿刺吸引細胞診や針生検を行い、確実に診断するようにしています。
  2. 乳がんの初期治療
    a.術前薬物療法を基盤にした乳がん外科治療を推進しています。
    従来、乳がん治療の基本戦略は、まず局部にあるがんを手術や放射線治療などの局所治療で取り除き、再発のリスクが高ければ薬物療法で全身治療を行うことが主流でした。しかし、その治療効果は患者さんには実感できず、つらい副作用に悩まされながら治療を受けなければなりません。これに対し、近年主流になりつつある術前薬物療法にはいくつものメリットがあります。まず、効果を実感でき治療を続ける意欲につながること、がんが消えてしまう(病理学的完全寛解)可能性、切除範囲が狭くなりきれいな温存が可能になるといったことです。この1,2年で乳がんには複数のタイプがあることが遺伝子発現解析で明らかになりました。つまり「Luminal A」「Luminal B」「Luminal B-HER2」「HER2 enrich」「basal like」の5つの病型に分類され、それぞれに最適な治療法が明確になりました。当科では、病型の見極め、局所療法と全身療法の組み合わせ、そのタイミングなど言わば「治療の設計図」を患者さんに十分説明し乳がん治療を行っています。
    b.手術療法(乳房温存手術、センチネルリンパ節生検、乳房切除術、乳房再建術)
    乳房温存療法を中心として、患者さんの希望、状況に応じた術式を選択します。2014年度の乳房温存率は69%でした。
    温存手術では根治性と共に、残存乳房の美容的な面も重要視して手術を行っており、残った乳腺や周囲の脂肪を使って、変形の少ない乳房をつくることが可能です。
    早期乳がんでありながら、乳房内での広がりにより、乳房温存術が難しい方には形成外科と連携して乳房再建手術も行っています。再建の時期や再建方法は患者さんの体型や希望を考慮して、自家組織での再建(腹直筋皮弁、広背筋皮弁)か人工物(エキスパンダー+インプラント)での再建を選択しています。 さらに、術前検査でリンパ節転移がないと判断される症例には、腋窩リンパ節を温存するセンチネルリンパ節生検を取り入れており、RI(放射性同位元素)と色素を併用するセンチネルリンパ節生検により郭清省略を積極的に行っています。これにより、リンパ浮腫といった術後の合併症を減らすことが可能になりました。
    c.EBM(科学的根拠)に基づいた術後薬物療法
    近隣の医療機関(浜松オンコロジーセンター、神田クリニック、聖隷浜松病院、浜松医大)と2週間に1回、カンファレンスを設け、最新のエビデンスを参考に術後の患者さんに対する治療方針の検討を行い、具体的な治療法を決めています。
  3. 再発乳がんに対する治療
    患者さんのQOL(生活の質)を維持しながら長期間の生存を得ることが目的です。患者さんの状況に応じて薬物療法や放射線療法を選択し、ペインコントロールなども緩和医療チームと連携しながら対応しています。
  4. チーム医療の推進
    患者さんとそのご家族を中心として、医療スタッフ(外科医、乳がん認定看護師、薬剤師、放射線治療医etc.)がチームを作り、満足していただける医療を目指しています。

診療実績

平成26年度の外科手術実績・・・乳癌切除 134件

外来診療担当医

外来診療担当医表はこちらです

ページの先頭へ

医師紹介

科長 杤久保 順平とちくぼ じゅんぺい

専門分野

 

資格等





略歴

副医長 瀧 由美子たき ゆみこ

専門分野

乳腺外科

資格等

外科専門医

 
  
 
日本乳癌学会認定医
 
 
 

略歴

          
   
   
   
   
   
   

ページの先頭へ

ご案内