文字サイズ変更
小さく
戻す
大きく

臨床研修管理室

ホーム > ご案内 > 診療科のご案内 > 臨床研修管理室

                            治験審査委員会の記録はこちら

治験とは?

新しい薬として使用されるためには、その薬が安全であり、有効であることが確認され、厚生労働省に承認されなければなりません。そのため、健康成人および患者様にこの薬を使用していただき、安全性・有効性をくわしく調べます。そのために行われる試験を治験といいます。

製造販売後臨床試験とは?

厚生労働省に承認され,新薬として発売された後も、継続的に有効性や安全性を検証していくための試験です。

製造販売後調査とは?

多くの人が使う中で、有効性や安全性について情報を集め、さらに分析します。

新しい薬ができるまでの流れ

基礎研究(薬の候補となる物質の合成)→非臨床実験(動物実験)→治験→審査・承認(新薬として発売)→製造販売後臨床試験・調査

治験のメリット・デメリットは?

メリット
いち早く新しい治療法をうけることができます。
専門の医師による綿密な診察と詳細な検査をうけることができます。
デメリット
今までに知られていない副作用があるかもしれません。
治験期間中は、正確な服薬と定期的な来院が必要になります。来院回数や検査が増えたり、薬を飲んだ記録を日記にしてつけたりすることが必要な場合があります。

治験にかかる費用は?

治験の種類にもよりますが、検査の費用や薬代の一部を製薬会社が負担することがあります。そのような場合には医療費が安くなります。また通院のための交通費の負担が軽減されることがあります。

治験に参加するということ

治験によってその薬の有効性が示され、国に認可されれば、同じ病気で悩む多くの患者さんの役に立ち、次世代に良い薬を残すという社会貢献ができます。現在、私たちが使っている薬も、治験に参加した方々からの情報のおかげです。

治験コーディネーターによるサポート

当院では専任の治験コーディネーター(CRC)がいます。CRCは治験にご協力いただく方々の人権を守り、信頼性の高い治験が行われるように管理調整する医療スタッフをいいます。心配なこと、不明なことについて気軽に相談できます。

ページの先頭へ

ご案内