文字サイズ変更
小さく
戻す
大きく

診療放射線技術科

ホーム > ご案内 > 診療科のご案内 > 診療放射線技術科

放射線技術科について

 診療放射線技術科は、病気の診断・治療のため各種検査を実施しております。X線(レントゲン)を用いて 胸や骨などの身体のあらゆる部位の撮影をする一般撮影、脳・心臓・腹部などの血管系の診断及び治療を行う血管造影、脳梗塞・脊髄損傷などの初期診断に欠かせないCT検査、強力な磁石を用いて全身の精密診断を行うMRI検査、放射線医薬品を用いて病気の形態・機能評価を行う核医学検査、癌治療を行うリニアック部門、予防医学を推進する検診業務など多岐にわたる分野の業務を実施しております。これらの業務は全て国家資格を持った診療放射線技師が担当し「水準の高い専門的な医療を地域に提供する」を目標に日々努力しております。  

※平成28年5月1日医療被ばく低減施設認定を取得しました。(第65号)

 

スタッフ数

2018年4月現在

 診療放射線技師    27名
  事務員          4名     

※認定資格保持者      
診療放射線技師会:放射線機器管理士        3名 
         放射線管理士          5名 
         医療画像情報精度管理士     3名 
         放射線被ばく相談員       2名 
         臨床実習指導教員        1名 
診療放射線技師会:Ai認定技師          2名 
文部科学大臣(原子力規制委員会):第1種放射線取扱主任者    2名      
医学物理士認定機構:医学物理士          3名 
放射線治療専門放射線技師認定機構:放射線治療専門放射線技師         2名 
放射線治療品質管理士認定機構:放射線治療品質管理士             2名 
日本乳がん検診精度管理中央機構:検診マンモグラフィ撮影認定診療放射線技師 8名 
日本磁気共鳴専門技術者認定機構:上級磁気共鳴専門技術者     1名 
日本X線CT認定技師認定機構:X線CT認定技師             3名 
日本核医学専門認定技師認定機構:核医学専門認定技師       1名 
日本核医学会:PET核医学認定技師      3名 
日本消化器がん検診学会:胃がん検診専門技師       2名  
医療研修推進団体:診療放射線技師実習施設指導者       2名 

 

各種検査の紹介

詳細説明は各検査名をクリックしてください

一般撮影

  

一般撮影は人体にX線を照射し、透過したX線を検出器で読み取り、画像にすることで体内の様子を知ることができる画像検査です。一般撮影はX線撮影やレントゲンとも呼ばれています。

乳房撮影

乳房撮影専用装置を使用して撮影するX線撮影のことで、マンモグラフィとも呼ばれます。触診だけでは分からない小さなしこりや、石灰化という小さな病変も抽出することができます。 。

X線テレビ検査

  

X線を用いた透視動画像が観察可能な検査です。消化器領域ではバリウムなどの造影剤の体内移動を観察しながら、整形領域では骨折や脱臼などの評価を関節可能させながら観察し診断・治療を行うことができます。そのほか、消化器外科・泌尿器科・婦人科領域などでも重要な検査です。

MRI検査

強力な磁気と電波を用いて身体を鮮明に描出する検査。

CT検査

 

脳・肺・腹部・脊椎疾患などを短時間で検査、初期診療、救急医療には欠かせない検査。

血管造影検査

  

カテーテルなどから血管内に造影剤を注入し、血管の形態や血流状態を連続的に撮影し、血管の病変を診断・治療する検査です。診断のみならず、血管の狭窄部位を拡げる血管拡張術や腫瘍を栄養する動脈を人為的に閉塞させる動脈塞栓術など血管内治療も盛んに行われています。

骨密度検査

 

加齢などによる骨密度低下が原因である骨粗鬆症の診断や骨折リスク評価を簡単に素早く行うことができる検査です。

歯科用CT検査

 

歯科用CTは歯科に特化したCT装置で、三次元的な画像診断が行えるため埋没歯などの小範囲の疾患の診断からインプラントの術前検査など多岐にわたって有用な検査です。

核医学検査

 

微量な放射線を放出する放射性医薬品を体内に投入し、その放射性医薬品が特定の臓器や組織に取り込まれた後に放射線を放出する様子をガンマカメラと呼ばれる装置で撮影し、その分布や身体の各部分の形態および機能(働き)を画像にする検査です。

リニアック

 

身体の表面や、奥にある病気を治療。患者さんへの侵襲は少なく、患者さんの生活の質を尊重しながら治療計画を立てます。

検診業務

 

市民の皆様の健康を守り、安心な暮らしを継続するために、がんの早期発見を目的に、胃がん・肺がん・乳がん検診事業を推進しています。啓蒙活動にも取り組んでおります。

被ばく低減活動(医療被ばく低減施設認定:平成28年5月1日第65号認定)

X線装置の被ばく線量の測定・低減事業・患者さんへの被ばく資料の提供等、広報活動も積極的に行っております。

お手数ですが、診療放射線技術科に関するお問い合わせは053−451−2719(技師室直通)までお願いいたします。

対応時間 ( 月〜金曜日 8時30分〜17時 )

その他の時間は当直業務のためご遠慮申し上げます。

ページの先頭へ

ご案内