文字サイズ変更
小さく
戻す
大きく

診療放射線技術科

ホーム > ご案内 > 診療科のご案内 > 診療放射線技術科

放射線技術科について

 診療放射線技術科は、病気の診断・治療のため各種検査を実施しております。X線(レントゲン)を用いて 胸や骨などの身体のあらゆる部位の撮影をする一般撮影、脳・心臓・腹部などの血管系の診断及び治療を行う血管造影、脳梗塞・脊髄損傷などの初期診断に欠かせないCT検査、強力な磁石を用いて全身の精密診断を行うMRI検査、放射線医薬品を用いて病気の形態・機能評価を行う核医学検査、癌治療を行うリニアック部門、予防医学を推進する検診業務など多岐にわたる分野の業務を実施しております。これらの業務は全て国家資格を持った診療放射線技師が担当し「水準の高い専門的な医療を地域に提供する」を目標に日々努力しております。  

※平成28年5月1日医療被ばく低減施設認定を取得しました。(第65号)

 

スタッフ数

2017年4月現在

 診療放射線技師    25名
  事務員          4名     

※認定資格保持者      
診療放射線技師会:放射線機器管理士        2名 
放射線管理士          4名 
医療画像情報精度管理士     3名 
Ai認定技師          1名
文部科学大臣(原子力規制委員会):第1種放射線取扱主任者    2名      
医学物理士認定機構:医学物理士          3名 
放射線治療専門放射線技師認定機構:放射線治療専門放射線技師         3名 
放射線治療品質管理士認定機構:放射線治療品質管理士             3名 
日本乳がん検診精度管理中央機構:検診マンモグラフィ撮影認定診療放射線技師 8名 
日本磁気共鳴専門技術者認定機構:日本磁気共鳴専門技術者     1名 
日本X線CT認定技師認定機構:X線CT認定技師             2名 
日本核医学専門認定技師認定機構:核医学専門認定技師       1名 
日本核医学会:PET核医学認定技師      2名 
日本消化器がん検診学会:胃がん検診専門技師       3名 

放射線被ばく相談員       2名 

臨床実習指導者       1名 

 

各種検査の紹介

詳細説明は各検査名をクリックしてください

一般撮影

  

放射線科の基本、X線を用いて胸部・腹部・全身の骨・関節を撮影、画像診断の基礎ともいうべき検査 。

乳房撮影

  食生活の欧米化とともに増加傾向にある乳がんの診断に欠かせない検査(女性技師対応) 。

X線テレビ検査

  

消化器・外科・整形・泌尿器・婦人科領域で使用。透視画像(動画)を見ながら診断・治療を行う検査 。

MRI検査

強力な磁石を用いて身体を鮮明に描出、脳・骨盤部・脊椎・四肢関節・腹部疾患には欠かせない精密検査。

CT検査

 

脳・肺・腹部・脊椎疾患などを短時間で検査、初期診療、救急医療には欠かせない検査。

血管造影検査

  

心筋梗塞・脳梗塞・肝臓がん等の診断ばかりでなく、最近では治療中心の検査と位置付けられている 。

骨密度検査

 

車社会の台頭、運動不足に伴い増加傾向にある骨粗鬆症を手軽に診断する検査。

歯科用CT検査

 

歯科専用CT装置を導入、画像診断・治療方針をより確実なものにする検査。

核医学検査

 

極微量の放射線(放射線医薬品)を用いて、全身の機能・動態・形態評価が可能な検査。

リニアック

 

身体の表面や、奥にある病気を治療。患者さんへの侵襲は少なく、患者さんの生活の質を尊重しながら治療計画を立てます。

検診業務

 

浜松市民の健康維持のため胃がん・肺がん・乳がんの検診事業を推進、啓蒙活動にも取り組んでおります。

被ばく低減活動(医療被ばく低減施設認定:平成28年5月1日第65号認定)

X線装置の被ばく線量の測定・低減事業・患者さんへの被ばく資料の提供等、広報活動も積極的に行っております。

お手数ですが、診療放射線技術科に関するお問い合わせは053−451−2719(技師室直通)までお願いいたします。

対応時間 ( 月〜金曜日 8時30分〜17時 )

その他の時間は当直業務のためご遠慮申し上げます。

ページの先頭へ

ご案内