文字サイズ変更
小さく
戻す
大きく

心臓血管外科

ホーム > ご案内 > 診療科のご案内 > 心臓血管外科

特徴

  • 豊富な経験を活かしてあらゆる症例に対応します。
  • 循環器科医、麻酔科医、看護師、臨床工学技士らとのカンファレンスを通じて、個々の患者さん及び御家族にとって最良と考えられる治療(手術)を選択します。
  • 紹介された患者さんは、退院後落ち着いた時点で紹介医のところへ戻って、その後の治療を受けていただいています。そして、当科外来でも6ヶ月に1回のチェックを続けるようにしています。

(1)対象疾患・施行している手術

心疾患

  • 虚血性心疾患:冠動脈バイパス術、心筋梗塞の合併症(心臓破裂、心室中隔穿孔など)に対する手術、心筋梗塞後心室瘤・虚血性心筋症に対する左室成術
  • 心臓弁膜症:僧帽弁や大動脈弁の形成術、大動脈自己弁温存基部置換術、人工弁置換術
  • 不整脈:心房細動に対するMaze手術など
  • 先天性心疾患(成人):心房中隔欠損症及び心室中隔欠損症に対する根治手術
  • その他:弁膜症を合併する感染性心内膜炎や粘液腫などの心臓腫瘍に対する手術など

血管疾患

  • 大動脈疾患:大動脈瘤切除兼人工血管置換術(腹部大動脈瘤、胸部大動脈瘤、大動脈解離など),大動脈腸骨動脈閉塞症に対するバイパス術
  • 末梢動脈疾患:バイパス術(慢性閉塞性動脈硬化症、バージャー病),人工血管置換術(末梢動脈瘤、内臓動脈瘤、外傷性血管損傷),血栓除去術(急性動脈閉塞症)
  • 静脈疾患:下肢静脈瘤に対するレーザー治療を含む手術

その他

  • 人工血管による内シャント形成術 他科手術の血管吻合や修復など

(2)手術に対する考え方

基本的考え方

  • 各々の患者さんの状態に応じて、最も安全且つ有効な術式を選択します。
  • 術前の手術説明を理解し易い表現で十分に行うことにより、患者さん及び御家族が納得して手術に臨むことができるように万全を期します。
  • 手術後の経過説明を適宜行い、患者さんと御家族が安心して退院に向けて準備ができるようにします。
  • 退院時に患者さん及び御家族に手術後の検査結果を説明し、安心して退院後の社会復帰が進むようにします。
  • 緊急手術にも24時間体制で対応します。
   
総数
  2013年 2014年 2015年 2016年2017年 合計
症例数 192 174 157 143 114 780

外来診療担当医

外来診療担当医表はこちらです

医師紹介

循環器センター長 平岩 卓根ひらいわ たかね

専門分野

心臓血管外科全般

資格等

認定医:日本胸部外科学会
専門医:日本外科学会、日本心臓血管外科学会

略歴

1979年3月三重大学医学部を卒業
1979年4月 静岡市立静岡病院、三重大学附属病院、安城更生病院などに勤務
1999年7月浜松医療センター

科長 田中 敬三たなか けいぞう

専門分野

心臓血管外科全般

資格等

認定医:日本外科学会
専門医:日本外科学会、日本心臓血管外科学会、日本脈管学会
下肢静脈瘤血管内レーザー焼灼術指導医
日本心臓血管外科修練指導医
腹部ステンドグラフト実施医

略歴

1996年3月三重大学医学部卒
2002年3月三重大学大学院外科系胸部外科学卒
2004年2月三重大学医学部附属病院
2004年12月安城更生病院勤務
2008年7月浜松医療センター

医長 山本 希誉仁やまもと きよひと

専門分野

心臓血管外科全般

資格等

日本外科学会認定 外科専門医
専門医認定機構認定 心臓血管外科専門医
日本血管外科学会認定 血管内治療医
腹部ステントグラフト実施医・指導医
下肢静脈瘤血管内レーザー焼灼術指導医
日本心臓血管外科修練指導医

胸部ステントグラフト実施医

日本脈管学会認定 脈管専門医

略歴

1998年3月三重大学医学部卒
1998年4月三重大学 胸部外科
2004年5月浜松医療センター 心臓血管外科
2008年7月三重大学 胸部外科
2012年4月東京医科大学 心臓血管外科
2013年4月浜松医療センター

医員 別所 早紀べっしょ さき

専門分野

心臓血管外科全般

資格等


略歴

2015年3月三重大学医学部卒
2017年9月浜松医療センター

ページの先頭へ

ご案内