文字サイズ変更
小さく
戻す
大きく

消化器外科(外科)

ホーム > ご案内 > 診療科のご案内 > 消化器外科(外科)

特徴

患者さんとそのご家族に納得のいく説明を行い、合併症の少ない手術を施行し、適切な化学療法を行い、良好な治療成績をあげることを目指しています。
また、開業医の先生よりご紹介いただいた救急患者さんを「ことわらない」をモットーに365日緊急手術が行える体制をとっています。

手術術式の特徴

  • 胃切除術や大腸切除術に腹腔鏡下手術を導入
  • 原発性肝癌に対する積極的な肝切除術
  • 胆管癌、胆嚢癌、膵癌に対して血行再建を伴う拡大手術
  • 下部直腸癌に対する自然肛門温存手術
  • 急性胆嚢炎に対する急性期腹腔鏡下胆嚢摘出術
  • 成人ソケイ部ヘルニアに対するダイレクト・クーゲル法あるいはメッシュ・プラグ法による短期入院手術

消化器癌に対する外科的治療を含む集学的治療

  • 進行・再発大腸癌あるいは胃癌に対する分子標的薬を含めた化学療法(特に外来化学療法の推進)
  • 転移性肝腫瘍に対する積極的肝切除術(術前化学療法も施行)
  • 胆管癌、胆嚢癌、膵癌に対する化学療法
  • 下部直腸癌に対する術前化学放射線療法

腹腔鏡下手術

胆嚢摘出術、胃切除術、結腸・直腸切除術、脾臓摘出術、副腎摘出術、ヘルニア根治術などを腹腔鏡下で行っています。

クリニカルパス導入によるチーム医療の推進

現在、腹腔鏡下胆嚢摘出術・幽門側胃切除術・胃全摘術・結腸切除術・直腸切除術・虫垂切除術・ソケイヘルニア根治術・胃癌PDTにクリニカルパスを適用しています。

ヘルニア専門外来 

高齢者の増加に伴い、ソケイへルニアや大腿ヘルニアの患者さんが増えています。月曜日(金井医師担当)と木曜日(林医師担当)に開設していますが、他の曜日も随時診療しています。上記ヘルニア以外にも腹壁瘢痕ヘルニア、閉鎖孔ヘルニア、臍ヘルニア、白線ヘルニア、横隔膜ヘルニア、上腰ヘルニアなどを手術しています。

ポート専門外来 

抗癌剤の治療や栄養管理に皮下埋め込み式ポートが良く用いられるようになってきました。針の穿刺が容易で、漏れる心配が少なく、点滴中に体を動かすことも比較的自由です。また、点滴をしていないときにお風呂に入ることも可能です。外来での抗癌剤治療や在宅での栄養管理を考慮し、水曜日(大菊医師担当)と金曜日(関本医師担当)に開設しています。平成28年は157件のポート留置術を施行しています。

肛門疾患専門外来

 

内・外痔核、痔瘻、裂肛など肛門部の疾患に対して専門外来を開設しています。火曜日に日本大腸肛門病学会専門医・指導医の平山医師が担当しています。

 

術前経口補水の導入−平成23年度

   

従来は、全身麻酔をする時には、手術前夜から食事だけでなく飲水も禁止という考えが主流でした。これは胃の内容物が麻酔中に逆流して誤って肺に入ってしまうことで発生する誤嚥性肺炎を予防するためです。しかし、最近の臨床研究では手術の3時間位前までなら成分の調整された飲料を摂取しても、安全に管理できることが明らかになってきました。術前の絶飲食をなくし経口補水液を摂取することで、術前の点滴が不要になります。点滴による事故のリスクもなくなるため、医療安全上のメリットも大きいと言われています。当院消化器外科では平成23年から術前の「絶飲食+点滴」の管理を「経口補水療法」に切り替え、患者さんのストレスの軽減や医療安全の向上に役立てています。

癌に対する光線力学的療法(Photodynamic therapy,PDT)

光線力学的治療は光感受性物質(薬剤)とそれに適合した励起波長を有するレーザーによる光化学反応を利用した癌治療法です。日本では1996年にフォトリン(ファイザー社)とエキシマダイレーザー(波長630nm、浜松ホトニクス社製)によるPDTが、保険適用となりました。この時に認められた対象疾患は表在型食道癌、早期胃癌、早期肺癌、そして子宮頸部初期癌(異形成も含む)の4疾患でありました。

当院では1996年にエキシマダイレーザーを購入し、現在までに、胃癌47例(延べ回数53回)、食道癌5例(6回)、肺癌2例、子宮頸部癌(異形成)7例に適応し良好な成績を挙げてきました。また、保険適用外の口腔内癌4例(7回)、乳癌皮膚転移1例、胆管癌1例、十二指腸癌1例にも使用してきました。

PDTの最大の特徴は患者さんへの身体的負担が少ない点であります。癌を有する対象臓器は障害を残すことなく温存できます。例えば若い女性の子宮頸癌治療後も妊娠は可能であります。さらに、早期の癌であれば この治療のみで根治が期待できます。

しかし、フォトフリンを用いたPDTには日光過敏症と呼ばれる副作用があります。フォトフリンは治療前に静脈注射すると癌に選択的に集積し長く留まる特性を持っていますが、わずかに皮膚に移行しそこにしばらく残存します。そのため、注射後2週間くらい光を制限した部屋(50〜300ルックス程度)への入院が必要となります。また退院後も2ヶ月近く直射日光や強い光への注意がいります。現在では肺癌や脳腫瘍そして食道癌(化学放射線治療後)には、日光過敏症の少ないレザフィリン(Meiji Seikaファルマ)と持ち運びのできる比較的安価なダイオードレーザー(波長664nm、Panasonic社製)が保険適用になっています。当院もこのレーザーを2015年11月に導入しました。

PDTによる治療後に出血・穿孔などはなく日光過敏症が唯一の副作用と言ってよいほどPDTは安全な治療法であります。

 

診療実績(平成28年1月1日から12月31まで)

平成28年の外科手術実績・・・手術総数 942件

                

この内緊急手術 150件(15.9%)、大腸癌切除 102件(このうち、腹腔鏡補助下切除 20件)、胃癌切除 48件(内腹腔鏡下切除11件)、乳癌切除 135件、肝胆膵癌切除 41件、甲状腺5件、胆嚢摘出術 109件(腹腔鏡下切除89件)、ソケイ部のヘルニア 98件、虫垂切除術 53件、腸閉塞手術 38例、皮下埋め込み式ポート留置術 157件、その他 156件(悪性リンパ腫、GIST、後腹膜肉腫、胃十二指腸潰瘍穿孔、良性の腸疾患、ソケイ部以外のヘルニア、肛門疾患、外傷など)

外来診療担当医

外来診療担当医表はこちらです

平成28年4月1日より上部消化管外科、下部消化管外科、肝胆膵外科の専門外来を開設します。従来通り、毎日一般消化器外科外来も開設しています。

ページの先頭へ

医師紹介

副院長 兼 科長 西脇 由朗にしわき よしろう

専門分野

消化器外科(特に肝胆膵外科)
消化器癌のレーザー治療

資格等

   

浜松医科大学臨床教授

理 事:日本レーザー医学会

評議員:
日本肝胆膵外科学会
東海外科学会
日本光線力学学会
指導医:
日本外科学会
日本消化器外科学会
日本消化器病学会
日本レーザー医学会
日本肝胆膵外科学会(高度技能指導医)
日本胆道学会
専門医:
日本外科学会
日本消化器外科学会
日本消化器病学会
日本内視鏡外科学会(技術認定医)
日本レーザー医学会
認定医:
日本がん治療認定医機構(認定医、暫定教育医)
消化器がん外科治療認定医

略歴

1982年3月 浜松医科大学医学部卒業
1982年6月 浜松医科大学第二外科入局
1990年9月 米国フィラデルフィア市ペンシルベニア病院へ留学
1992年7月 浜松医科大学第二外科助手
1993年6月 浜松医療センター外科

手術センター長 兼 医長 池松 禎人いけまつ よしと

専門分野

消化器外科(特に肝胆膵外科)

資格等

浜松医科大学臨床教授

評議員:
日本肝胆膵外科学会
代議員:
日本静脈経腸栄養学会
指導医:
日本外科学会
日本消化器外科学会
日本消化器病学会
日本肝胆膵外科学会(高度技能指導医)
日本胆道学会
専門医:
日本外科学会
日本消化器外科学会
日本消化器病学会
認定医:
日本がん治療認定医機構(認定医、暫定教育医)
消化器がん外科治療認定医
日本医学英語検定3級

略歴

1985年3月 長崎大学医学部卒業
1985年6月 長崎大学医学部第二外科入局 〜関連病院数ヶ所
1995年7月 米国ネブラスカ州立大学 エプリー癌研究所留学
1997年7月 長崎大学附属病院 医員
1998年3月 長崎大学医学部第二外科 講師
1998年5月 浜松医療センター外科

副参事 金井 俊和かない としかず

専門分野

消化器外科(特に上部消化管外科)

資格等

浜松医科大学臨床准教授

指導医:
日本外科学会
日本消化器外科学会
専門医:
日本外科学会
日本消化器外科学会
日本消化器病学会
認定医:
日本がん治療認定医機構(認定医、暫定教育医)
消化器がん外科治療認定医

略歴

1990年3月 浜松医科大学医学部卒業
1990年4月 浜松医科大学第二外科入局
1994年6月 浜松医科大学第二外科 医員
1997年4月 秋田赤十字病院胃腸センター
2006年4月 浜松医療センター外科

副参事 平山 一久ひらやま かずひさ

専門分野

消化器外科(特に大腸肛門外科)

資格等

浜松医科大学臨床准教授

評議員:日本静脈経腸栄養学会

指導医:
日本外科学会
日本消化器外科学会
日本消化器病学会
日本大腸肛門学会
日本消化器内視鏡学会
日本消化管学会
専門医:
日本外科学会
日本消化器外科学会
日本大腸肛門病学会
日本消化器病学会
日本消化器内視鏡学会
日本消化管学会
認定医:
日本がん治療認定医機構(認定医)
消化器がん外科治療認定医
日本静脈経腸栄養学会

日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会 ストーマ認定士

略歴

1990年3月 昭和大学医学部医学科卒業
1990年9月 浜松医科大学第二外科入局
1995年5月 秋田赤十字病院胃腸センター
1996年9月 福井県済生会病院
2004年4月 社会保険浜松病院
2009年4月 浜松医療センター外科

医長 田村 浩章たむら ひろあき

専門分野

消化器外科(特に肝胆膵外科)

資格等

専門医:
日本外科学会
日本消化器病学会
                  
認定医:日本がん治療認定医機構認定医

略歴

1994年3月 長崎大学医学部卒業
1994年5月 長崎大学医学部第二外科入局
2002年4月 五島中央病院
2004年4月 十善会病院
2005年4月 公立みつぎ総合病院
2009年4月 浜松医療センター外科

医長 林 忠毅はやし ただたか

専門分野

消化器外科(特に大腸肛門外科)

資格等

指導医:
日本外科学会
日本消化器外科学会
日本消化器内視鏡学会
日本消化器病学会
専門医:
日本外科学会
日本消化器外科学会
日本消化器病学会
日本消化器内視鏡学会
認定医:
日本がん治療認定医機構(認定医、暫定教育医)
消化器がん外科治療認定医
日本医師会認定産業医
  

略歴

1996年3月 三重大学医学部卒業
1996年4月 三重大学第一外科入局
1998年4月 市立伊勢総合病院外科
2001年1月 浜松北病院消化器科
2001年4月 社会保険浜松病院外科
2002年5月 浜松医科大学第二外科
2008年9月 浜松医療センター外科

医長 大菊 正人おおぎく まさひと

専門分野

消化器外科(特に肝胆膵外科)

資格等

専門医:
日本外科学会
日本消化器外科学会
日本消化器病学会
認定医:
日本がん治療認定医機構認定医
日本静脈経腸栄養学会認定医

略歴

2003年3月 山梨大学医学部卒業
2003年4月 山梨大学医学部第一外科
2004年4月 県西部浜松医療センター
2007年4月 市川三郷町立病院
2008年4月 山梨大学医学部第一外科
2012年4月 浜松医療センター外科

医長 宮崎 真一郎みやざき しんいちろう

専門分野

消化器外科(特に上部消化管外科)

資格等

専門医:
日本外科学会
日本消化器外科学会
日本消化器病学会
認定医:
日本消化器外科学会
日本がん治療認定医機構認定医
消化器がん外科治療認定医

略歴

2003年3月 浜松医科大学医学部卒業
2003年5月 浜松医科大学附属病院
2004年6月 平塚市民病院
2006年4月 市立御前崎総合病院
2007年4月 聖隷沼津病院
2009年4月 浜松医科大学附属病院
2015年4月 浜松医療センター消化器外科

専修医 池田 貴裕いけだ たかひろ

専門分野

一般外科・消化器外科

資格等

日本静脈経腸栄養学会TNT研修会修了
JATECコース修了
日本消化器病学会
SSTT(外傷外科手術)コース受講

略歴

2013年3月 長崎大学医学部卒業
2013年4月 佐世保中央病院
2015年4月 長崎大学病院移植・消化器外科
2016年4月 浜松医療センター消化器外科

 

専修医 関本 晃せきもと あきら

専門分野

一般外科・消化器外科

資格等

JATECコース修了
緩和ケア研修会修了

略歴

2014年3月 浜松医科大学医学部卒業
2014年4月 浜松赤十字病院(初期研修)
2015年4月 浜松医科大学附属病院(初期研修)
2016年4月 浜松医科大学 第二外科入局
2016年4月 浜松医療センター消化器外科

専修医 立田 協太たつた きょうた

専門分野

資格等



略歴

年月

 

ページの先頭へ

ご案内