文字サイズ変更
小さく
戻す
大きく

産婦人科

ホーム > ご案内 > 診療科のご案内 > 産婦人科

特徴

周産期部門

同一フロアー内に周産期センターとして、NICU、緊急手術室兼 high risk分娩室、LDR室、産科病棟を備え母体、胎児から新生児へと一貫した管理を行っています。母体管理糖尿病、甲状腺疾患、血液疾患、腎疾患などの合併症妊婦の管理から早産を中心に周産期異常の全てに対応しています。胎児診断、妊娠初期からの超音波検査や各種モニターを用い、子宮内胎児発育遅延から臓器形常などの診断および管理を積極的に行い、胎児治療により救命し得た症例も多数経験しています。胎児治療 超音波ガイド下で胎児の腹水・胸水などの穿刺のみならず、胎児輸血さらには臍帯穿刺による検査治療も積極的に行っています。

腫瘍部門

PDT 近年、未婚ないしは未経産女性の若年子宮頸癌症例が増加しています。それらの症例のうちでも初期癌や前癌状態である高度異型上皮に対して、子宮機能の完全温存が可能なエキシマダイレーザーを用いたPDT療法(光線力学療法)を行っています。

PET 当院附属の先端医療技術センターと共同でPET(陽電子放出型断層撮影)を積極的に診断応用し、今までの画像診断では判別できなかった転移などの検索に成果を挙げています。また、婦人科癌の治療でも手術・放射線・化学療法の三位一体となった集学的治療で成果を挙げています。

不妊・不育症、内分泌部門その他

  • 不妊症に対して、腹腔鏡も含め系統的に検査・治療を行っています。
  • 習慣流産の精査(抗リン脂質抗体・高プロラクチン血症・子宮奇形など)・治療も積極的に行っています。
  • 更年期や骨粗鬆症に対しホルモン補充療法を積極的に行っています。
  • AIDSを含むSTD(性感染症)の精査・治療においては、最新情報をもとに積極的に取り組んでいます。

外来診療担当医

    外来診療担当医表はこちらです

  • 火曜日は従来通り休診ですので、ご注意ください。
  • どの外来日も必ず女性医師一名が担当しています。ご希望があればお申し付けください。
  • 初診以外の担当医でも指名紹介は受け付けておりますので、遠慮せずにご指名下さい。

ページの先頭へ

医師紹介

周産期・メディカルバースセンター長 岡田 喜親 (おかだ よしちか)

専門分野

内分泌異常から不妊症までの診断と治療  

資格等

専門医:日本産科婦人科学会

浜松医科大学臨床教授

略歴

1984年3月 愛知医科大学医学部卒業     

周産期・メディカルバースセンター副センター長 兼 医長
芹沢 麻里子 (せりざわ まりこ)

専門分野

胎児治療から多胎妊娠の管理

資格等

専門医:
日本産科婦人科学会
日本周産期・新生児医学会(母体・胎児)
日本超音波学会

日本周産期・新生児医学会新生児蘇生法「専門」コース(Aコース)インストラクター

浜松医科大学臨床准教授

略歴

1993年3月 福井医科大学医学部卒業

科長  山下 美和 (やました みわ)

専門分野

ウイルス疾患の母子感染防止

(CMV)

資格等

専門医:日本産科婦人科学会

浜松医科大学臨床教授

略歴

1986年3月 高知医科大学医学部卒業

医長  平井 久也 (ひらい きゅうや)

専門分野

 

資格等

産婦人科専門医

医学博士

略歴

2001年3月 浜松医科大学卒業
2001年4月 浜松医科大学附属病院産婦人科
2002年5月 藤枝市立総合病院産婦人科
2005年5月 聖隷浜松病院産婦人科
2006年4月 浜松医科大大学院入学
2011年3月 浜松医科大大学院卒業(医学博士取得)
2011年4月 浜松医療センター産婦人科

医員 岡崎 友里 (おかざき ゆり)

専門分野

資格等

産業医科大学産業医学基礎研修会終了

インストラクター:日本救急医学会JATEC

ファシリテーター:Japan ISLS Committee

略歴

2010年3月 九州大学医科部卒業
2010年4月 国立病院機構 別府医療センター 
2015年4月 浜松医療センター

専修医 小笠原 千恵 (おがさわら ちえ)

専門分野

資格等

 

略歴

2012年3月 慶應義塾大学医科部卒業
2012年4月 磐田市立総合病院
2015年4月 浜松医療センター

専修医 上田 めぐみ (うえだ めぐみ)

専門分野

資格等

 

略歴

   
   
   

専修医 榛葉 頼子 (しんば よりこ)

専門分野

資格等

 

略歴

   
   
   

専修医 小田木 秋人 (おだぎ あきと)

専門分野

資格等

 

略歴

   
   
   

ページの先頭へ

ご案内