文字サイズ変更
小さく
戻す
大きく

下肢関節再建・人工関節センター開設のお知らせ

ホーム > ご案内 > 診療科のご案内 > 整形外科・下肢関節再建人工関節センター > 下肢関節再建・人工関節センター開設のお知らせ

     「下肢関節再建・人工関節センター」開設のお知らせ

ご挨拶

浜松医療センター整形外科科長
下肢関節再建・人工関節センター
岩瀬 敏樹

股関節関連業績、文献

平成28年4月より「下肢関節再建・人工関節センター」を開設いたします。
浜松医療センターでは、平成18年5月から専門外来として股関節再建外科外来を、平成19年4月からはこれを「股関節再建・人工関節センター」と名称変更し主として成人股関節疾患の外科的治療の窓口として診療を進めてまいりました。
股関節再建外来開設から10年間に1000件を超える股関節再建手術(人工股関節関連手術・骨切り術など)を実施してまいりましたが、股関節・膝関節への人工関節を中心とする下肢関節再建を目的とする手術件数はさらなる増加が見込まれることや、良好な術後成績の維持・管理に対応する必要性も増しております。これらに対応し、高度な専門性による良好な医療サービスの提供をはかることを主たる運営目標とする組織として「下肢関節再建・人工関節センター」を構成いたします。この明確な目標のもと、股関節・膝関節疾患に対する外来診療・手術治療・リハビリテーション・術後経過の管理などを主な活動内容といたします。

《構成》
整形外科医師
  岩瀬敏樹(股関節疾患担当)
    下肢関節再建・人工関節センター長、整形外科長
  甲山篤(膝関節疾患担当)
    リハビリテーション科長
手術センター担当看護師
  内田亜美
  山崎真理
  伊藤あづさ
病棟管理担当看護師
  杉浦佳苗(2号棟6階病棟看護師長)
リハビリテーション科
  青木 駿(理学療法士)
  中神孝幸(理学療法士)
外来担当クラーク

主たる対象疾患

・変形性股関節症、股関節臼蓋形成不全、大腿骨頭壊死症、 股関節リウマチ病変、人工股関節・人工骨頭置換術後の “ゆるみ”などの慢性成人股関節疾患
・ 変形性膝関節症、膝関節リウマチ病変、人工膝関節置換術後の“ゆるみ”などの慢性成人膝関節疾患

 

股関節再建人工関節センター 外来担当医

診察日及び担当医

股関節(予約のみ):毎週水曜日・毎週金曜日午前
膝関節(予約のみ):毎週月曜日・毎週木曜日午前

担当医師 股関節:岩瀬敏樹
       膝関節:甲山 篤

診察場所 整形外科外来
受付時間 午前8時30分から午前11時まで
問い合わせ先

医療連携室053-451-2760
整形外科外来053-453-7111(代表)
股関節疾患(水・金[AM])
膝関節疾患(月・木[AM])

ページの先頭へ

ご案内