文字サイズ変更
小さく
戻す
大きく

皮膚科

ホーム > ご案内 > 診療科のご案内 > 皮膚科

対象となる疾患

  • 皮膚科一般

特徴

浜松医大、各市中病院皮膚科との連携

 常勤2名体制となり入院診療もおこなっています。重症例については引き続き浜松医大と連携をとりながら診療させていただきます。

院内の連携

 @全身管理や薬剤に基因する症状等は、院内当該科とともに治療にあたらせていただきます。

 A皮膚科では日帰り手術が可能な皮膚腫瘍の切除をおこなっております。形成外科とどちらが対応できるか迷われる場合については、両科の診察のある月、火、水、金曜日の予約をお勧めいたします。

 

治療指針に即した治療

 日本皮膚科学会では現在数例の疾患の治療指針を発表、検討をしており、毎年多くの医師の意見を積み重ねながら安心できる治療の確立を目指しています。当科においてもそれを踏まえた診療を行っています。

  • アトピー性皮膚炎
    日本皮膚科学会の治療ガイドラインに沿って治療を行っています。スキンケア(皮膚の清潔を保ち保湿をする)や悪化因子の除去を基本として、外用剤(ステロイドやタクロリムス軟膏)、抗ヒスタミン剤内服を症状によって調整します。
    症状が強い場合には免疫調整剤を使用します。
  • 蕁麻疹・血管浮腫
    抗ヒスタミン剤による治療が中心となります。慢性蕁麻疹で抗ヒスタミン剤による治療が無効で難治な場合にはオマリズマブ(商品名:ゾレア)の注射を行う場合もあります。
    原因については、安全に確実に検索できる検査方法が現在のところなく、原因不明なことが多いです。
  • 帯状疱疹
    抗ウイルス剤で治療を行います。比較的軽症な方は内服薬で治療を行います。
    症状が強い場合や発症部位、全身症状などによっては1週間の入院点滴治療が必要な場合があります。

外来診療担当医

外来診療担当医表はこちらです

ページの先頭へ

医師紹介

科長  三澤 淳子(みさわ じゅんこ)

専門分野

皮膚科一般

資格等

専門医:日本皮膚科学会専門医

略歴

1997年3月 浜松医科大学医学部卒業
2016年4月 浜松医療センター

医員  樋川 美帆(ひかわ みほ)

専門分野

皮膚一般

資格等

 

略歴

2011年3月 島根大学医学部卒業
2017年4月 浜松医療センター

ページの先頭へ

ご案内