文字サイズ変更
小さく
戻す
大きく

初期臨床研修プログラム

ホーム > 医療センターについて > 臨床研修プログラム > 初期臨床研修プログラム

臨床研修プログラムの管理

研修総括責任者 小林 隆夫(院長)
臨床研修管理委員会 委員長:矢野 邦夫(副院長 兼 臨床研修管理センター長 兼 衛生管理室長 兼 感染症内科長)
副委員長:笠松 紀雄(副院長兼呼吸器センター長 兼 呼吸器内科長)
プログラム責任者 重野 一幸(臨床研修管理センター副センター長 兼 化学療法科長・血液内科医長)

プログラムの管理運営体制

 毎月、臨床研修管理委員会を開催してプログラムの状況を評価する。この評価に基づいてその年度の研修プログラムを協議し、必要な箇所の修正を行う。また、臨床研修医の配置や評価などの臨床研修に関連する事項についても協議し、決定する。

定員(総枠20名)

  • 基幹型臨床研修病院研修医として毎年10名以内程度(公募による)
  • 協力型臨床研修病院研修医として毎年5名以内

基幹型臨床研修病院

■ 第1年次 12ヶ月
 当院で定めた研修プログラムにしたがって、内科系及び救急診療における基本的知識と技術を学ぶとともに、初期診療を確実なものとして修得できるように小児科、産婦人科、精神科、外科、麻酔科を選択必修とし研修する。また、当院は浜松市内7病院輪番制で2次救急を担当し、また第3次救急対応の救命救急センターを設置していることから、この運営の中で、当番制による研修医の当直体制を敷いて、2年間を通じて、救急診療に関する総合的な研修もできるようにする。

■ 第2年次 12ヶ月
 地域保健医療等をローテイトで必修させるとともに、希望により選択科において研修することができる。

基幹型研修コース:2年間基本コース
コース/月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
基幹型
 1年次
内科系研修 救急科研修 選択必修科(2科目)
基幹型
 2年次
地域 選択科

※ 内科…呼吸器科・消化器科・循環器科のローティト研修を基本とする。
※ 外科…一般外科を中心に研修し、必要に応じて呼吸器外科・整形外科・心臓血管外科での研修を行う。

協力型臨床研修病院

 浜松医科大学医学部附属病院、長崎大学病院および鳥取大学医学部附属病院の協力型臨床研修病院である。1年次を浜松医科大学プログラムでは協力型研修病院で履修する。長崎大学プログラムでは、2年次を協力型の研修病院で履修する。下に示したのは各臨床研修医の研修予定である。

協力型研修:1年次1年間コース
コース/月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
浜医 協力型
1年次 コースA
内科系研修 救急系研修 選択必修科研修 地域
浜医 協力型
1年次 コースB
上記研修を1年次の10月から2年次の9月の間で実施する
協力型研修コース:長崎大学病院2年次コース
コース/月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
長崎大学 協力型
2年次
内科 選択科

ページの先頭へ

医療センターについて