文字サイズ変更
小さく
戻す
大きく

基本理念と事業

ホーム > 医療センターについて > 基本理念と事業

基本理念 私たちの目ざすもの

   安全・安心な、地域に信頼される病院

基本方針

  1. 患者の権利と尊厳を尊重し、患者中心の安全・安心な医療を提供します。
    • 医療を受ける者の権利を尊重し、説明と選択・同意にもとづく医療を行います。
    • 専門職としての能力・資質と相互の連携を高め、より適切な医療を行います。
    • 医療安全・リスクマネジメントを徹底し、より安全・安心な医療を行います。
    • 「笑顔で挨拶、明るく、元気」を合言葉に、きめ細かい医療サービスを提供します。
    • 病院ボランテイアとの協働によるサービスの向上につとめます。
  2. オープンシステムを活用し、地域医療連携ネットワークを強化します。
    • 開放型ベッド(オープンシステム)を活用し、地域に開かれた病院をめざします。
    • 診療所・病院等との連携および機能分担を進め、地域医療支援病院としての役割を果たします。
    • 医療情報部門を強化し、デジタル先進都市浜松にふさわしい医療ネットワークを充実します。
  3. 地域の救急・災害医療を支え、小児・周産期医療を守ります。
    • 地域の2次救急病院、また3次救命救急センターとして住民のいのちを守ります。
    • 災害拠点病院としての医療救護活動を担います。
    • 周産期母子医療センターとして母児のいのちを守るとともに、小児医療を充実します。
    • メディカルバースセンターを充実させ、誰でも安心してお産のできる病院をめざします。
  4. 時代の要請に応えた高度・先進医療を推進します。
    • 急性期医療を中心に、質の高い専門的な医療を地域に提供します。
    • がん診療連携拠点病院としての役割を果たします。
    • 歯科口腔外科特殊診療、歯科救急に特化します。
    • 股関節再建・人工関節センターを充実させ、高齢者を骨折や関節疾患から守ります。
    • 感染症指定医療機関としての疾病対策活動を担います。
    • 健康増進や疾病予防のための公衆衛生活動を担い、住民の健康を守ります。
  5. 医療に関する調査・研究を推進し、国内外に情報を発信します。
    • 先端医療技術センターを活用し、脳活動やがんの診断技術の向上に貢献します。
    • 臨床治験や臨床研究事業を展開し、情報を国内外に発信します。
    • 静脈血栓塞栓症予防制度を普及させ、全国の規範となる予防システムを構築します。
    • 感染対策チーム活動を推進し、全国の規範となる感染対策システムを構築します。
  6. 職員の教育・研修に努め、国際的に通じる真の医療人を育成します。
    • 魅力ある研修医システムを構築し、若手医師の教育・研修を推進します。
    • 国内外の留学・研修制度を充実させ、国際的に通じる医療人を育成します。
    • 医療・サービスに関するあらゆる分野において、全職員の教育・研修に努めます。
    • 地域医師会の生涯教育活動に協力し、推進します。
    • 浜松医科大学の教育関連病院として、医師の卒前臨床実習に協力します。
    • 臨床研修指定病院として、医師の卒後臨床研修を行います。
    • 看護師その他医療分野に従事する者の教育実習を受け入れます。
    • 浜松市看護専門学校において看護師の育成に努めます。
    • 法令・行動規範を遵守します。(コンプライアンス)
  7. 効率的な病院経営に努め、健全な財政基盤を確立します。
    • 理事長のリーダーシップのもと役員会や経営戦略会議を通じ常に改善に取り組みます。
    • 中期目標、中期計画、年度計画に基づき目標の着実な達成につとめます。
    • 病院経営のPDCAサイクルを通じて職員の一体感の醸成をはかります。
    • 人事考課制度を推進し、職員一人ひとりが経営感覚を持ちます。
    • 国、県、市から託された公的な事業使命を果たし、効率の良い健全な病院経営に努力します。
                                  平成23年4月1日改定

ページの先頭へ

医療センターについて