文字サイズ変更
小さく
戻す
大きく

がん拠点病院

ホーム > 医療センターについて > がん拠点病院

地域がん診療連携拠点病院

浜松医療センターは「地域がん診療連携拠点病院に指定されました。」

厚生労働省は、日本中どこでも質の高いがんの治療を受診できる体制を確保するため、全国各地にがん診療の中心となる病院を「がん診療連携拠点病院」として指定しています。

医療センターは、平成19年1月31日付けで、厚生労働大臣から「地域がん診療連携拠点病院」の指定を受けました。これにより、静岡県西部地区におけるがん診療の中心的病院として他の医療機関との連携を深め、今まで以上にがん診療機能の充実を図り、早期発見、早期治療を目指した専門的な治療体制を確立し、高度で良質な医療を提供します。

 

 

 

 

がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会について

 

国・静岡県では、がん対策推進基本計画において、「がん診療に携わるすべての医療従事者が基本的な緩和ケアを理解し、知識と技術を習得する」ことを目標に掲げています。
この目標達成のため、国では平成29年6月までに、拠点病院においてがん診療に携わるすべての医師、初期臨床研修2年目から初期臨床研修終了後3年目までの全ての医師、病院幹部が、緩和ケア研修会を受講することを求めています。
なお、当院でも、「がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会の開催指針」に基づく研修会を、毎年開催しております。なお、当院の研修修了者は下記の通りです。

             

                                

                                      

 


ページの先頭へ

医療センターについて